MANGA都市TOKYO

2020.8.12(水/Wed)〜11.3(火・祝日/Tue)

EXHIBITION 展示紹介

イントロダクション 《1/1000巨大東京都市模型》

展示室内に入ると、1/1000 の縮尺で再現された、幅約 17 メートル、長さ約 22 メートルの巨大な東京の都市模型が現れます。そしてこの巨大な都市模型を囲みながら、東京を舞台とするマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品の展示が展開されます。現実の都市風景に、さまざまな物語の場面やキャラクターの記憶が重ねられて醸成される、〈東京〉 の複合的なリアリティを来場者が体感できる構造となっています。

模型制作:ニシムラ模型/マーブリングファインアーツ
©MANGA ⇔ TOKYO Japonismes 2018
*写真はパリ展のときのものです。

ゴジラ(1954) TM & © TOHO CO., LTD.

セクション1 破壊と復興の反復

日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品において、未曾有の天災や未知の生命体の襲来などによって首都・東京が壊滅的な打撃を受ける描写は、半ば定番ともなっています。その背景には、東京という都市が実際に幾度も破壊され、そのたびに奇跡的な復興を遂げてきたという歴史があると言えます。このセクションでは「破壊と復興」をテーマにした作品を取り上げます。

大友克洋 AKIRA ©MASH・ROOM/KODANSHA

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 ©カラー
ルパン三世(PART2) 原作:モンキー・パンチ ©TMS

セクション2 東京の日常

都市的な破壊と復興という、非日常の合間には、市井の人々の日常生活が息吹きます。このセクションでは、「プレ東京としての江戸」「近代化の幕開けからポストモダン都市まで」「世紀末から現在まで」と3つの区分に分け、日常生活を描写した作品群を通して、人々の生活の場としての東京の姿とその変遷を見てゆきます。

2A プレ東京としての江戸

松本大洋・永福一成 竹光侍
©松本大洋・永福一成/小学館
杉浦日向子 百日紅
©杉浦日向子

2B 近代化の幕開けからポストモダン都市まで

北条司 シティーハンター
©北条司/コアミックス 1985
大和和紀 はいからさんが通る
©大和和紀/講談社
滝田ゆう 寺島町奇譚
©滝田ゆう

2C 世紀末から現在まで

羽海野チカ 3月のライオン ©羽海野チカ/白泉社
秒速5センチメートル ©Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
お台場の実物大ユニコーンガンダム立像 撮影協力:ダイバーシティ東京 プラザ ©創通・サンライズ

セクション3 キャラクターvs.都市

最後のセクションでは、これまでとは逆に、現実の都市空間に召喚されたキャラクターたちに目を転じます。街に現れたキャラクターたちは、商品の販売促進やキャンペーンのPR のマスコット的な存在であり、また観光資源としても幅広く活用されています。生身の人間とキャラクターが共存する街としての〈東京〉のアンビバレンツな魅力を、インスタレーションで再現します。

秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 ©秋本治・アトリエびーだま/集英社